« 2009年7月 | トップページ

2009年8月

すごい!ひそかにすすむ衆院選大どんでん返し投票機!

ひそかにすすむ、不正投票

現在、水面下でひそかにすすむ、不正選挙への道。

電子投票の代わりに、投票を読み取る機械の導入。

一台300万円という

超高級機械を
導入して
すすむ、不正選挙。

大体、市町村で5台導入すれば、5台×300万円=1500万円

しかも、選挙の場所を冷暖房完備にしてくれるらしい。

この機械のプログラムに、
不正を加えれば自由に
票数を操作できるはず。

ちょっと考えればわかるではないか?

以下は事実のみを抜粋した記事である。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/113593

市町村選管 読み取り機導入、真夏の決戦、対策も色々

30日投開票の衆院選に向け、票を分類する自動読み取り機の導入

開票所を冷房設備付きの場所に変更する自治体もある。

 2007年の参院選で、大分市。
2月の同市議選で自動読み取り機4台を借りた。
同市は、今回の衆院選に備え、自動読み取り機3台を約1200万円で導入。

 日田市や宇佐市、日出町も自動読み取り機を新たに購入。

竹田、中津市は冷房完備の開票所に変更。

豊後高田市も冷房装置を臨時設置する。

8月18日公示の総選挙に向け、各自治体の選挙管理委員会で投票用紙の自動読み取り機を開票作業に導入する動きが広がっている。

京都府内では9市町選管が活用する予定だ。

 市長選、市議補選とのトリプル選になる城陽市は、計5台の読み取り機。06年の府知事選から導入し、順次台数を増やしてきた。

小野寺注)5台×300万円=1500万円もかける。

 読み取り機は、1分間に最大で約480枚の投票用紙を候補者別に仕分けする。うち今年導入した最新機2台は、くせ字や続け字も判別できるという。

1台約300万円。

 亀岡市も、計4台の読み取り機で開票に臨む。

小野寺注)4台×300万円=1200万円のコスト。

05年の前回総選挙はすべて手作業で、計約200人の職員らが開票に従事した。

 福知山市は、読み取り機2台を衆院比例区の開票に使う。

 このほかに今回の総選挙で読み取り機を使うのは、舞鶴、綾部、南丹、宇治、八幡の各市と京丹波町。

http://japan.internet.com/public/news/20020912/1.html

フロリダ州予備選、

電子投票機導入

大混乱

      
フロリダ州知事選に出馬する民主党候補者を決める予備選にて。

フロリダ州は、パンチカード式投票機を廃止し、

3200万ドルを投じて、タッチパネル式電子投票機などを導入した

予備選は投開票をめぐり大混乱。

未だ正式な当選者が決まらない状況。

フロリダ州では、ブッシュ米大統領の実弟である Jeb Bush 氏が現職の知事を務めている。

フロリダ州では、2000年の大統領選挙で、共和党の Bush 現大統領と民主党の Gore 前副大統領が大接戦。

フロリダ州は、パンチカード式投票機の使用を禁止し、
Election Systems & Software 社のタッチパネル式電子投票機や、
光学式の投票読み取り機を導入した。

今回の予備選では、投票所の係員が電子投票機のスイッチの入れ方がわからず投票所の開場が遅れたり

、電子投票機のプログラムミスで

民主党員の票であるべきものが共和党員の票とカウントされた。

再び手作業で数え直す事態を招くなど、トラブルが相次いだ。

Election Systems & Software 社によると、タッチパネル式電子投票機を導入するに当たって、模擬選挙での試験運転は行わなかったという。

また、タッチパネル式電子投票機とともに導入された光学式投票読み取り機に関しても、

スキャナーに紙の投票用紙を入れると、投票用紙がやぶけてしまうというトラブルが発生した。

| | コメント (37) | トラックバック (0)

民主「天下り廃止」を唱えることで小沢一郎えん罪逮捕のリスクは増大する。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」情報を発信します。
政治経済の謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages
2009年 7月 27日配信

民主党マニフェストに「高速道路大渋滞(無料化)」という馬鹿げた政策で信頼を失い
「天下り廃止」を唱えることで小沢一郎えん罪逮捕のリスクは増大する。

もしどうしてもそう唱えたいのであれば
政権交代して与党になってから言えということだ。

ウルトラセブンの歌  Ultraseven Song
http://www.youtube.com/watch?v=I6wRNkf8mE0&feature=related


ウルトラセブン 第一話 「姿なき挑戦者」
http://www.youtube.com/watch?v=h_P7z9b46Jc&feature=related

再生回数 515,660 回
ULTRA SEVEN
http://www.youtube.com/watch?v=K8zSHCNHiXQ&feature=related
再生回数 111,647 回


ウルトラ1800「ウルトラセブン」
http://www.youtube.com/watch?v=mi-YfWrebac&feature=channel


ウルトラマン 第一話 「ウルトラ作戦第一号」
http://www.youtube.com/watch?v=ZzCZLNPv2jE&feature=channel

再生回数 985,889 回
ウルトラ1800「ウルトラマン」
http://www.youtube.com/watch?v=NMd0iB71WCQ&feature=channel

Ultraman 決死の戦い
http://www.youtube.com/watch?v=Pl21C0GKHus&feature=related
再生回数 48,064 回
帰ってきたウルトラマン
http://www.youtube.com/watch?v=Lrfu5-DXC2g&feature=related
再生回数 12,391 回

<都議選での民主党勝利は平和だった>
都議選では、民主党が勝利した。
その翌日、何か日本が明るくなったような気がした。
天気は快晴だった。

その平和な感じを肌で感じて思った。
やはり民主党が勝利して良かった。

猪瀬がゴールドマンサックスと組んで
やろうとしていたと推定される
築地魚市場ゴールドマンサックス独占化計画も
ストップするだろうと思った。

<また立ち込める暗雲>

しかし、私の知覚では
また日本に暗雲が立ち込めてきている。

            <マニフェストによって官僚と法律を敵に回す>

7月27日月曜日、民主党は愚かなマニフェストを発表するというからだ。

そのマニフェストがおそらく「政権交代」をストップさせる役割を果たす。

私はそう感じている。そういう予感がするのである。

                

私はこの4年間、自民党がバイコクドにのっとられてしまったため
精力的に、この小泉政権以降の悪質さを暴露してきた。

なんと私が過去に書いた記事は600以上に渡る。
字数では数え切れない。

民主党は、明日、こういうマニフェストを発表してしまうだろう。

<「高速道路渋滞化論」と「東大OB役員再就職廃止論」>


「高速道路無料化論」と「東大OB役員再就職廃止論(天下り廃止論)」である。

実は、この二つは、小沢一郎が党首として選挙戦を戦った
参議院選挙ではマニフェストに書かれなかった。

書かなかったから「勝利した」のである。

これは二つの意味で良かった。

書かなかったので本来、最大の強者の「東京大学OB国家公務員(官僚機構)」を刺激しなかった。

東京大学OB国家公務員(官僚機構)はむしろ、
小泉自民党のバイコクドぶりを知っていたので
日本の将来を心配していた。

そのため国民年金のうそが民主党に情報提供された。

しかし
今回、特に民主党は「東大OBの国家公務員の役員再就職廃止(天下り廃止)」は、書いてしまうだろうと予測する。

まあ、発表してしまったら、某与党と 東大OBの国家公務員(官僚側)
の利害関係が一致してしまう。

官僚の中にも変なのがいるため

変な東大OBの国家公務員(官僚)が裁判官や検事として選ばれて
必然的に「小沢一郎は、えん罪で逮捕される」
    「鳩山由紀夫も故人献金でえん罪で逮捕される」
というリスクが飛躍的に高まることは間違いない。

<台頭する長妻昭氏>

そしてこの二人がいなくなったら、
この「高速道路無料化論」や「東大OBの国家公務員(官僚)の業界の役員最就職廃止(天下り)即時廃止」を強行に唱える長妻氏が民主党の中心に来るだろう。

高速道路無料化したら、建設業は多く職を失い、
企業倒産はものすごく増大して、
まったく合成の誤謬をなくすような支出ができる企業体がなくなる。

企業がいっぱい倒産すればゴールドマンサックスの利益になるだろうし

東大OBの国家公務員(官僚)の業界内役員再就職(天下り)即時廃止は、
優秀な人材の外資への頭脳流出を招く。

優秀な人材は一週間もあれば新しい就職先を見つけるだろう。

どちらもゴールドマンサックスの利益になりかねない。

<唯一だませない国家 日本>
今までロックフェラーやロスチャイルドがまったく
世界で唯一、攻略できなかった国家が
東洋の日本だったのである。

東大生OBはすぐにユダヤの策略を見抜いてきたから
わなにひっかからなかったからだ。

完全競争社会の受験戦争
の中で勝ち残ったのが東大生として生き残り
国家公務員になり、

彼らは、その業界が長期発展するしか
給与を上げる道はないため、「業界の保護発展」をするという
利益を共有する間にあったからだ。

<シオンの議定書>
昔、「シオンの議定書」に書いているが、
「ヨーロッパで民衆が打ち倒してしまったのは
貴族である。ところが貴族というのは、農民が健康であれば
あるほど、豊かになり、生産が豊かであればあるほど
富裕になるという関係にあったため、有力な「農民の保護者」
だったのである。

それをユダヤが、農民に攻撃させた結果、農民は
自分たちの重要な「保護者」を失ってしまったのである。

<参議院選挙>

実は私は、参議院選挙のときに同様のアドバイスをした。

そして民主党は、参議院選挙を戦い、勝利した。


この後、私は、ある官僚OBと話をした。

その人はこう私に言っていた。

<小沢一郎はうまい>
「小沢一郎はうまいね。さんざん田原総一郎が、「民主党が政権を握ったら
小沢さん、官僚の首を大量に切って天下り廃止にするんですね」と
何回も聞いても、小沢一郎は「いやあ、何も私たちは官僚の人たちの
生首を大量に切ろうなんてことを言ってはいません。
ただ、そういう人たちには、もっと、専門的な仕事をしてもらって
国家のために知恵をしぼっていただくということを考えています」
と言っていた。これは、言い方がうまい。
首を切るとも言わないし 天下り廃止も明言していない。

うまくはぐらかしていた。

<権力の仕組みをわかっていない>
「それに引き換え、鳩山由紀夫や、菅直人はだめだね。
選挙に勝ったらすぐに
「官僚の天下りは絶対に廃止します」といっている。
これは権力の仕組みをわかっていない。」


と言っていたのだ。

この「権力の仕組みをわかっていない」という言葉の裏にあるものを
見通すべきだ。

<野党であるうちに浮かれるな>
つまり、まだ野党でいるうちに、「官僚の天下りを廃止します」と
公言することは、鳩山由紀夫氏が、現在の故人献金が
脱税として認定されてしまい、逮捕されること



小沢一郎氏が、西松建設の件で、でっちあげの証言と推定される、
「天の声があった」というようなことで、逮捕されてしまう
リスクを飛躍的に高めるのである。


つまり、もし政権交代をしたいのであれば、
「天下り廃止」を野党のうちにマニフェストに唱えるな
ということだ。
唱えなくても、民主党はそういうイメージがある。

<政権交代してから言え>
もし、どこからどう考えても、「天下りが諸悪の根源である」と
考えるのであれば、「与党に」なってから、言え
ということだ。

まあ現在の東大生OBばかりの官僚制度はなくなってしまい、
大東文化大学や国士舘OBばかりの官僚制度になると思われるが。

重要なことは、

東京大学OBの国家公務員(官僚機構)
の再就職廃止は
猪瀬をはじめとして
うそばかりマスコミが言っていることを
知ること

東京大学OBの国家公務員(官僚機構)
は、その業界が繁栄すればともに繁栄するように
なっていた。

その業界を長期に繁栄させることが、
東京大学OBの国家公務員(官僚機構)
の人たちの利益になっていたため
その業界を守り、倒産を最小限に抑えてきたこと

国家公務員(官僚)である時点ではどの企業に再就職するかは
不明であるため、国家公務員(官僚)を退職する20年後も業界が繁栄するように
官僚は努力してきたこと。

そして、国家公務員は他の仕事などできないため、
テレビにも出れなければ、本も出版もできない。

つまり「その業界の長期的な発展」
を図り再就職を図ることだけが、公務員の利益となっていたため
業界の守護人のような存在だった。

結局、東大生を採用する際に、役員としての再就職も
生涯賃金として含んでいたため
多くの東大生たちは(官僚の人たち)はそれを見込んで
家を買ったり、子弟の教育費などをローンで借りているだろう。

国家公務員であるうちは、年収で600万円いかないということが
舛添氏の本に書いてあったが、
能力に比べて非常に給与が低いと感じている国家公務員の人たちは
数多いはずである。


「有能なものにはきちんと給与を高くせよ」ということを
きちんとやらなければ、優秀な人材など集まらない。

まるでその昔巨人があまりにも強かったために
巨人を弱体化させるために導入されたドラフト制度という共産主義の
再来を見るようだ。

つまり、一生懸命、東大に受験戦争を経て入学して
国家のために働こうとする学生は、
再就職は禁止されて、低い給与で働かされて
政治家が選挙のために思いつきで唱える
政策に反対したら辞表をださなくてはいけないのである。

いったい誰が国家公務員になるのだろうか?

見ていて不思議である。

これは、
「巨人の星」にあこがれて
剛速球で甲子園を沸かせて
巨人にどうしても入りたかった江川卓を
思い出す。

彼はドラフト制度という共産主義
(もっとも有能でない人を優遇してもっとも有能な人を罰する制度)の前に
苦しんだ。

前年度最下位の球団が最優先でもっとも優秀な選手を指名できるという
制度の前になんと巨人でなくクラウンライターライオンズから
指名を受けたのである。

つまり一番甲子園ですごい存在になればなるほど不幸になるのである。

いつしか結婚制度にも「共産主義が」導入されて
「もっとも美人な女の子が、もっとも変な男性から最優先で
プロポーズを受ける」
とかいう制度ができるかもしれない。

江川はそれでも巨人に入った。
江川の剛速球を見れたのはわれわれ日本人にとって
幸せだった。

しかし今では、イチローも松井も西武の松坂も
みんな外資系にいってしまう時代になったのである。

つまり甲子園という完全競争社会の勝者が
巨人に入ってプロ野球を面白くするという
制度は王選手や長島選手を生んだ。

巨人だけでなく阪神も江夏や
村山実などスターを輩出して
巨人ー阪神戦は面白かったはずだ。

昔の巨人軍はすごかった。

今は誰もみない。


ドラフト制度によって崩壊して
巨人はおろかプロ野球全体がだめになってしまった。
優秀な人材はみんな米国に行った。

受験戦争を経て東大に入って
国家公務員になる人材が一番ひどい待遇を受ける時代に
なれば、同じように
みんな東大からゴールドマンサックスや外資系企業に就職するように
なることは明らかである。

もともと共産主義
(有能な存在を罰して無能な存在を優遇する。その結果
みんな無能になる)
(働く人を罰して働かない人を優遇する。その結果みんな働かなくなる)
を発明したのは
フリーメーソン会員のモルデカイという人物である。

モルデカイというのは本名だが、
世界中が知っているのは、モルデカイのペンネームの
ほうだ。
彼のペンネームはカールマルクスという。

ただ、最後にいえることは、

明日、民主党がマニフェストに
「天下り廃止」を唱えれば
小沢一郎や鳩山由紀夫を失脚させたいとする
某政党の策略に応じてしまう悪質な官僚が出現するというリスクが
飛躍的に高まるということである。

そうすれば「政権交代はない」


ウルトラマン
http://www.youtube.com/watch?v=3jzMOkdMWgI&feature=related


ちょっとふりかえってみてほしい。

えん罪で今回、3度目の攻撃を受けている
植草氏

えん罪で秘書が逮捕されている小沢一郎氏

故人献金で攻撃を受けている鳩山由紀夫氏


この3名に共通しているのは天下り廃止論者であるという点である。
つまり
某政党の邪悪な意思に応じてしまっている悪質な官僚が出現しているのである。


一方、私の場合は、亡国のイージ○が、間違えて新聞記者を
惨殺していると推定される。これは暴力団を使っていると推定される。

私の場合は、官僚機構がまったく亡国のイージ○に
協力していないのである。

別に功利的な言い方をするわけではないが、
私の場合は天下り容認論者であるからではないか?と思う。


つまり、官僚機構を敵にまわしていないのである。

私は、敵を「亡国のイージ○」にしぼっているからだ。

政権交代の最終局面にわれわれはいる。

この考え方は重要である。

多くの有権者は、
別に民主党がマニフェストに「天下り廃止」と唱えなくても
民主党に対して「政権をとったら天下りは廃止するだろう」と
思っているのだから、わざわざ書く必要はないのである。

<天下り廃止と書くことでえん罪が襲う>
わざわざ明記することで
寝た子を起こす。つまり小沢一郎や鳩山由紀夫が
逮捕されるという最悪の事態に至るだろう。

そうすればもう政権交代は永久に
存在しないのである。
日本国は郵政民営化とともに破産するに違いない。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ